株式会社 菰下鎔断

  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 会社概要
  4. 沿革

沿革

本社第二工場菰下 茂
昭和15年 5月海軍軍需局の指定工場となる
昭和16年 8月大阪市浪速区稲荷町に移転
昭和18年 4月陸海軍監督工場に認可される
昭和20年 3月戦災により大阪市東成区東今里町に工場移転
昭和27年 4月本社を大阪市東成区深江中に移転、法人化(資本金80万円)
昭和29年11月スプロケット精密切断機を考案、歯型鎔断を始める
昭和30年 7月資本金130万円に増資
昭和34年 1月 大阪市東成区深江中に鎔断工場落成
昭和34年10月資本金280万円に増資
昭和36年 5月菰下茂夫が取締役専務に就任
昭和37年 8月タイヤー専用自動瓦斯切断機・特許第8371845号
昭和37年 9月プラズマ切断機を改良し、非鉄金属の精密鎔断を研究
昭和39年 7月資本金1,200万円に増資 内燃機部品の製作工場を新設
昭和39年11月東大阪市高井田西に鎔断工場を増設(第二工場)
昭和40年 6月(社)全国日本学士会よりアカデミア賞を受賞
第三工場本社工場栄工場
昭和42年 8月プラズマ切断用ノズル用オリフィス・特許第42-52531号
昭和43年 4月東大阪市高井田中にSC材の鎔断工場と機械工場を増設(第三工場)
昭和43年 6月資本金3,000万円に増資
昭和44年 1月資本金4,800万円に増資
昭和45年 5月厚物専門工場として神奈川県高座郡綾瀬町深谷に神奈川工場を増設
昭和46年 1月本社工場落成
昭和47年12月定寸多量自動ガス切断装置・特許第924337号
昭和48年 6月東大阪市西堤本通東に栄町工場落成
昭和50年11月(社)大阪府知事より技能顕功章授与
昭和50年11月大型アイトレーサーの導入
昭和51年 4月大阪市東成区に製品倉庫を新設
昭和51年 4月関連会社として(株)菰下精密鎔断を設立
岡山営業所本社工場本社ビル
昭和51年 5月取締役会長に菰下茂、代表取締役社長に菰下茂夫が就任
昭和51年11月労働大臣より卓越技能章授与
昭和51年11月近畿地方発明協会より発明奨励賞を受賞
昭和52年 5月資本金7,680万円に増資
昭和52年 8月東大阪市高井田中に硝子鋼管工場新設
昭和52年11月勲六等単光旭日章授与
昭和54年10月近畿地方発明協会より発明奨励賞を受賞
昭和55年10月岡山営業所開設
昭和58年 1月大阪市東成区深江北に大阪営業所を新設
現在地(大阪府貝塚市港)に本社・工場を新設移転
昭和60年 5月関連会社として(有)鋼管ガラスを設立
平成 3年 5月資本金1億5,360万円に増資
平成 3年 7月丹後フランジ工場新設
平成 5年 6月天然ガスによる鎔断に切替え
平成 6年 3月本社ビル落成
プレス事業部北陸事業所現本社ビル
平成 6年 5月天然ガス用切断火口開発
平成 6年 8月厚生棟落成
平成 7年10月6KWレーザー機設置
平成 9年 3月九州営業所開設
平成 9年 7月自動開先ロボット設置
平成11年10月関連会社として高圧フランジ(株)を設立
平成14年 5月関連会社(有)鋼管ガラスが貝塚市二色南町5-4に移転
平成14年10月取締役会長に菰下茂夫、代表取締役社長に川端正が就任
平成14年11月レーザー工場新設
平成15年 5月材料ヤードを貝塚市二色南町5-4に移転
平成16年 6月プレス事業部を貝塚市二色南町5-4に新設
平成16年 7月㈱嶋鋼業所より営業譲渡を受け、嶋事業所(石川県能美郡寺井町)開設
平成17年 6月代表取締役社長に菰下千代美が就任
平成18年 6月嶋事業所を新設移転し、北陸事業所(石川県能美市粟生町西132番地2)とする
平成19年 3月熱処理に関するJIS(日本工業規格)認証を取得(焼ならし及び焼なまし加工)
平成19年 7月岡山営業所を新設移転し、玉野事業所(岡山県玉野市田井6丁目2番12)とする
平成20年 3月大阪中小企業投資育成株式会社出資により、資本金2億160万円に増資
平成23年 3月貝塚市港17番地の1に事務所、第二工場を新設移転
平成25年 9月プレス事業部を本社工場に移転し1000tプレス新設
平成26年 6月井上金属工業(株)(兵庫県尼崎市)を株式取得によりグループ会社とする
平成26年 7月本社工場に調質用設備新設
平成27年 6月熱処理に関するJIS(日本工業規格)認証を取得(焼入焼戻し加工)
平成28年 8月東京営業所開設
ISO9001:2015認証取得大阪府商工関係者知事表彰受賞
平成29年 3月葵産業 株式会社をグループ会社とする
平成29年12月ISO9001:2015認証取得
平成30年 2月平成29年度 大阪府商工関係者知事表彰 ≪事業所表彰≫ 受賞

会社概要

ページのトップへ戻る